BACK/NEXT
ROBOTに戻る
TOPに戻る


鉄腕アトムより。
2003年アニメ版アトラスと80年代昭和カラーアニメ版(新鉄腕アトム版)アトラスです。
子アトラスが実際どうゆう表情なのかはTVかなんかでやってた鉄腕アトム特集以来見かけないのでわかりませんが、
大人版アトラスの画像だけはなぜかネットで沢山みつかったので、カラーはソレを参考にしました。
あとはアトムを凶暴にした顔にすればらしくなるかな、なってないかな(汗)。
設定等はネットとかでいろいろ情報があるのになぜ画像はこんなにすくないんでしょう(涙)
例によって細部不明なので適当です。
2003年アトラスは本当に描くの大変でした。
細部がわからないので、いろいろ調べながら描きました。あらかじめ練習してから取り掛かればよかったYO!
彼はアトムと同じように天馬博士作です。無くなった息子「大地」を生前の記憶を持った状態で
生き返らせて欲しいという富豪の依頼によって誕生しました。メインに近い扱いなので、80年代のように、
アトムのライバルとして長々と登場するかと期待してましたが、
たった2話の登場でサヨウナラ…、そんな〜。
かれは普段は大地生き写しの容姿ですが、力を解放すると、アーマー姿の戦闘形態へと変形します。
このアーマー姿、原作のアトラスと80年版大人アトラスが上手い具合にミックスされているナイスデザインですが、
普段けっして大柄ではない大地氏の体内からどういう仕組みで
このゴテっとしたアーマーが出てくる&収納されてるのやら不思議です。
さすが天才天馬午太郎、PHガラスに負けないカナリのハイテクノロジーを駆使してますね。
ドレッドヘアーから角状の突起が現れるシーンを見るたび思います。
なにはともあれやっと電ちゃん以外描けた。さて、あとは蝶ネクタイアトムかエプシロンかな。